前へ
次へ

小学校入学までに治るアレルギーも

最近では子どもの食物アレルギーに関する情報が多く、一生食べ物で苦労しなければならないのかと不安になる

more

アレルギーになる原因を知りたい方へ

一部の子供だけ、なんでアレルギーになるのか、その原因を知りたい方へお教えします。
原因の一つ目

more

子供の食物アレルギーには気をつけよう

近年、子供の食物アレルギーが問題視されています。
保育所や幼稚園においても、食物アレルギーの子

more

突然現れる大人の食物アレルギー

食物アレルギーは、特定の食物を食べることでじんましんや呼吸困難などの症状が出ることをいいます。
世界中で見られますが、日本では1歳未満の乳幼児の約10%、3歳の約5%、それ以降の子供の1.3〜2.6%に見られる症状です。
原因となるのは食物に含まれるたんぱく質ですが、もちろんたんぱく質すべてがアレルギーを引き起こすわけではありません。
現在の研究では、内臓で消化されにくいたんぱく質が原因になりやすいと考えられていますが、年齢によっても症状の起こり方には違いがあります。
乳幼児の多くが反応を示すのは鶏卵や乳製品、小麦などで、その後成人するまでに甲殻類や果物類、そばなどに反応が出ることが多くなっています。
症状が出たあとの経過には個人差があり、中には長く続く場合もあります。
ただ、乳幼児期にあらわれた症状の多くは成長とともに消えることも多く、解消に期待が持てるのも事実です。
一般的に治りやすいと言われる食物は鶏卵、乳製品、小麦で、症状のあった乳幼児も3歳くらいになると約50%が、6歳くらいになると約80%が解消しています。
ただし、それまでにアレルゲンを避けているのが通常なので、食べてみない限り解消したかどうかはわかりません。
診断するには病院で6〜12ヵ月ごとに特異的IgE抗体検査を行い、食物負荷試験を実施する必要があります。

手頃な価格で肌トラブル改善に効果のある製品が買えます
格安通販ショップhome+でぜひお買い求めください

食べる生活を支える行徳の歯医者
さくら歯科口腔外科クリニックは食に繋がる歯科治療をご提供しております

草加市 歯医者
インフォームドコンセントを重視した治療をお届けしています

追加費用なしでインビザライン治療ができる大阪の歯科
毎回の調整費や治療期間が延長になった場合もそのままのお値段で治療を進めていきます

これに対し、治りにくい食物アレルギーもあります。
それは学童以降、成人期になってからあらわれるもので、症状が一度出ると非常に治りにくく、長く続くことも珍しくはありません。
主なアレルゲンには甲殻類や果物類などのほか、魚類やそば、ピーナッツなどが挙げられます。
それまでまったく何の症状も出ていなかった人でも、あるとき突然発症するケースもあるので油断はできません。
主な症状はじんましんやかゆみなどの皮膚症状ですが、消化器や呼吸器に症状が出る場合もあり、医師の正確な診断が必要とされます。
アレルゲンとなる食物を食べてから症状が出るまでは、一般的には2時間以内とされていますが、6時間以上あとに現れることもあり、診断が難しい場合もあります。
診断で重要なのは現れた症状より、いつ何を食べたかですので、医師の問診が非常に大切だということを知っておきましょう。

Page Top